TOPへ
なるほどお茶学
お茶選びのコツを紹介します。でも、これはあくまでも目安。自分で飲んで、自分がおいしいと感じたものこそ、いいお茶です。香りや色を楽しみ、舌の上で転がすように味わい、のどごしの良さも楽しむ。五感をフルに活躍させて選んでみてください。お茶の楽しみはそこから始まります。
上級煎茶 1,000円〜1,500円
小さくて若い芽を揉むので、細く形が整っています。
また、上の方を浅く刈り取るので、茎もあまり混ざっていません。
手に持つと重みがあり、茶葉の色は濃い緑、黒光りして見えます。
湯を注いだ後は、新芽の鮮やかな黄緑に一変します。
水色は緑で、よく澄んでいます。
旨みがある上品な味なので、生菓子がよく合いますが、時間をかけて濃厚に入れれば、お茶請けなどいらないほどです。
<かぶせ茶>
茶の芽が芽吹く頃、黒い科学繊維のカンレイシャで1〜2週間ほど、
茶畑を覆います。光を遮ると、テアニン(旨み)とフェニールアラニンが
カテキン(渋み)になる速度が遅くなるため、テアニンの多い、
とろっとコクのある極上茶になります。
当園では1,200円、1,500円にブレンドしています。
普通煎茶 900円〜 500円
上級煎茶ほど黒光りはしていませんが緑は濃く、形も整っています。
水色も澄んでいます。
旨みと渋みを共に味わうタイプなので、どんなお茶請けにも合います。(生菓子、煎餅、漬け物・・・。)もちろん、ご飯にもよく合います。
徳用煎茶 400円〜300円
2番茶の大ぶりの葉を使用するので、形状はやや平たくなります。
色は上級茶の黒みがかった緑に比べると、浅い感じがします。
水色は、山吹がかった緑です。
日の光をたっぷり浴びたお茶なので、カテキンが多く渋みはありますが、後味は良く、また健康にもいいです。
くき茶 400円、500円
上級茶を作るとき選別した茎のお茶なので、
価格のわりにおいしいのが特徴です。
一般に、みる芽(若い芽)ほど上級茶になる
ので、みる芽の茎、つまり細い茎ほど高級
くき茶といえます。
あと、くき茶といえども、ある程度は茶葉が
混ざっている方が味わいはあります。
ほうじ棒 500円
くき茶を焙じたもので、茶色で、香ばしい香りが特徴です。
普通、焙じ茶は、煎茶にむかない番茶や硬い葉を用います。
焙じて茶色になっているので、色で良し悪しは区別しにくく、香りと形状をみます。
大きい葉はうまく揉めず、大きく平らな形状になりやすいので、ある程度形の整ったものの方がいいでしょう。
当園のほうじ棒は、本物のくき茶を焙じたものです。
水筒に入れておいても、おいしさが変わらないので、行楽のお供にどうぞ。
食べるお茶 500円
色が良く、さらさらとしたものが良品です。
水色はあまり澄んでいませんが、色の鮮やかさは一番です。
味は淡泊なので用途は幅広く、和菓子はもちろん洋菓子にもよく合います。
また、お菓子の生地に練り込んだりしても使えます。
TOPへ