改植しています
3.元気な苗木を植えていきます。
まずは苗木をまっすぐ植えるためにライン引き。
畑の両サイドに等間隔に杭を打ち、こっちからむこうの杭までにひもを引っ張っぱります。それからそれをたよりに肥料用石灰で印を付けていきます。ライン引き持ってないので肥料袋に穴あけてやりました。ふ〜。
それからラインにそって大穴を掘ります。苗木を植えるためですが、土に空気を含ませてふかふかにしたいので、丁寧に大きくユンボを動かします。
お待たせしました、苗木登場!
仮植してあった苗木、弱らないように少しずつ山に運んでは植えていきます。
最初に剪定
今後の枝張りを思い描きつつ伸びすぎた枝を切るのですが、はっきり言って悩みます!
なぜなら、全ての苗木は根の勢い、枝の太さ、葉の数など状態が違うからです。これをなるべく日に当てずに手際よく、しかもこまめに水分補給をしながら、でも根の土を決して落とさないように・・・。
次は植え付け
尺棒(といってもただの棒ですが)で等間隔に、畝の真上に引っ張らせたひもを頼りに垂直に植えていきます。微妙な力加減でやさしく、でも倒れないようにしっかり土をかぶせてあげます。
穴掘って水あげて、植えて水あげて、石拾って水あげて、仕上げにもう一回水あげて・・・。根付くまでは水分管理に気を使います。引っ越し先、気に入ってくれたかな?
このように、植えてるそばからホースで水やりしています→

最後は堆肥入れ
このように堆肥を箕(み)でまきます。苗木にどさって振り落とさないように、やさしく置いていきます。堆肥ってしっとりしていて、でもぬくもりがあってふわふわです。それにお日様の香りがするんですよ。苗木のやさしいお母さんってことろですかね。
4.元気に育てよ〜!!
かれこれ2ヶ月に渡る作業も無事終えました。まだまだ小さな命です。心配も尽きないのですが、過保護は禁物。自然の力を借りて、すくすく育ってほしいものです。
<茶栗崎園のコンテンツページへ 土壌診断の計器類
春野の精・栗崎園 kurichan@lilac.ocn.ne.jp
〒437-0604 静岡県浜松市春野町宮川537 TEL&FAX 0539-89-0756